銀の芽*Eriの紅茶日記

銀の芽紅茶店店主の紅茶日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化センター紅茶教室ご報告 シュワ・ころ♪アイスティーが好評でした!

2013/07/31 11:30 [Wed]
紅茶教室 テーブルフラワー

大変遅くなりましたが、7月20日に開催した
金沢中日文化センター紅茶教室のご報告です。

「紅茶とハーブのひんやりマリア―ジュ」

をテーマに行いました。
今シーズン最後のクラスでしたので、
これまでブログで伏せていた詳細も、書こうと思います


テーブルのお花は、いつもお世話になっている
Mai花さんのもの。
今回シロップに使用したミントから
見栄えのいいものを選んで、
アレンジに使ってもらいました。
ローズマリーは、我が家の庭から。

小さいマリーゴールドのような花は、
実は小さいひまわりなんだそうです!
これには、お花に詳しい生徒さんもビックリされていました。


トワイニング レディーグレイ 水出しアイスティー

ウェルカムティーは、水出しで。
以前フレーバードティーの回でお出ししたのと同じ、
トワイニングのレディーグレイを使って、
ホットの時との違いを確認。

ハーブシロップを使って

きれいでおいしいアイスティーの条件とは?などレクチャーのあと、
皆さんにアレンジティーをお作り頂きました。

3層のセパレートティーは、
一番下が、ハイビスカスとローズヒップのシロップ。
2層目が、ペザンさんで収穫してきたフレッシュミントで作ったシロップ、
そして、上がセイロン・キャンディの2度取りアイスティーです。

シロップは、それぞれの比重を変えてあるので、
混じり合わずに層ができます。

シュワ・ころ♪カラフルアイスティー

そして、今回皆さんがとても喜んでくださったのが、
このオリジナルアイスティー
“シュワ・ころ!カラフルアイスティー”


一番下は、紅茶のシロップ。
丸いものは、アイスティーやハーブティーで作った丸氷。

今回は、ハートの氷もご用意

そして、炭酸水を注いで出来あがりです。

マロウの青い色と、そこへレモンを垂らすことで生まれるピンク色。
アイスティーの黄色みがかった氷は、
味が薄まるのを防ぐのにも役立ちます。
少々渋みが立ちますが、
下のシロップが甘いので大丈夫。

飲む前の撮影大会、いつもより長めでした(笑)。

レモンケーキとハーブのクッキー

ハーブやスパイスの入ったクッキー、
懐かしい味わいのレモンケーキをお召し上がりいただきました。


今回は、いつもより事前の仕込みが多く、
神経をつかいましたが、
おいしい!うちでもシロップを作ってやってみます!!
というお声をたくさん頂けたことが、
何よりのご褒美になりました。
ありがとうございました。


次回は、予定通り
8月24日に開催します。

テーマは、中国の紅茶です。

どうぞお楽しみに!




---------------------------------------------------------------
★ メールマガジン、購読者募集中!!★
  銀の芽紅茶店からの情報を、いち早くお届けいたします!
  購読お申し込みは、こちらから → ♪♪♪

---------------------------------------------------------------

↓ランキングに参加しております(^-^)/c■
 よろしければ、clickで応援、お願いいたします!

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村


今日も紅茶とともに、くつろぎのひと時を・・・
 Have a nice cup of tea!


スポンサーサイト

さぁ、がんばるぞ!

2011/05/22 10:20 [Sun]
ティータイム

風邪がよくなった子どもたち。
先ほど主人の実家に向けて出発しました。
主人はとんぼ返りし、こちらで仕事などの予定。
ウィークデーの疲れを残しつつ、何やら慌ただしい日曜日です。

私も、せっかくの機会とばかりに、
やりたいことややらなくちゃならないことのリストを書き出したのですが、
これは、多すぎて無理ですね(笑)
このうち、一体いくつできるでしょう~??

ネットショップの再開に向けて、すこーーしずつ動き出しています。
またちらりほらりと様子をお伝えできればと思っております。



写真は、この前私の母が来てくれたときのティータイム。
この頃は、娘の母の日のプレゼント以来、(詳しくはこちら ⇒ ***
おやつにカップケーキを焼くのが流行りの私ですが、
この日は、ビクトリアン・サンドウィッチ・ケーキ。

ミルクティーに良く合うよ!と喜んでくれました。
我が家に来た折には、たくさん家事を手伝ってもらいますので、
お礼も兼ねております。
(好きなお菓子を作るのは、私のストレス発散でもあり、一石二鳥^^;)

私が持っているカップは、
ネットショップの商品写真用に購入したものがほとんど。
なので、それぞれバラバラで、ティーセットという形で
持っているものがほとんどありません。

それぞれの良さがあって、なかなかしぼれないのですが、
色々実際に使ってみる中で、
これはと思うものをセットで揃えていけたらいいな~というのが
ひそかな夢です(^^)



今日も紅茶片手に、くつろぎのひと時を・・・
 Have a nice cup of tea!

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村



子育てスタイルに参加中♪


【ネットショップから】セイロン・ヌワラエリヤ新入荷です☆

2010/06/30 11:32 [Wed]
銀の芽紅茶店 セイロン ヌワラエリヤ

先ほど、ネットショップに新しい紅茶をUPいたしました!

実家から母が手伝いに来てくれていて。
家事の負担が減った分、仕事の進み具合が速いわ~。うれしい!

┏━【新入荷!】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∇  セイロン ヌワラエリヤ ラバーズリープ茶園
∇   BOP クオリティー・シーズン
∇    ~淡く、穏やか。日常的に飲んでいただきたい紅茶

∇  50g - 682円
∇  90g - 1260円

∇  http://www.gin-no-me.co∇m/tea_shop.cfm?ItemID=73

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まろやかで、香りもよく、渋みもわずかにありながらきつくなく、飲みやすい紅茶
日常的に、気軽に飲んで頂きたいなと思えるお味だと思います(^-^)

ヌワラエリヤらしい、淡い水色。(といいつつ、例年よりはやや赤みが強め。)
淡白ながら、ほのかな青み。
渋みはあるにはありますが、強くない優しい渋み。

ホットでゆっくりくつろいで。

また、アイスティーでたっぷり、スッキリと!

その時々に合わせてお楽しみくださいね。


ちなみに。
≪茶園の名前の由来≫
  “ラバーズ・リープ”は、訳すと、“恋人の飛翔”。
  かつて、常に雲のかかる山頂の断崖から
  思いを遂げられなかった若者が身を投げたことがあったとか。
  そんな悲恋から、茶園の名前がついたとか。


銀の芽紅茶店
 http://www.gin-no-me.com/


PS.
 今日はこれから、7月に娘の幼稚園である夏祭りのための準備へ。
 初めてなので何をしたらよいのかよく分からないのですが、
 持ち物の内容からすると、飾り付けのための、
 ちょっとした工作をするようです。うふ、なんだか楽しみ☆



今日も紅茶片手に、くつろぎのひと時を・・・
 いつも読んでくださって、ありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村

ネットショップ、オープンしました!!

2009/06/03 01:57 [Wed]
セイロン・ディンブラ・グレートウェスタン茶園

こんなに大慌てで商品ページを作ったことはありません…。
もっと余裕を持たねばいけませんね。

大変お待たせいたしました。

6月のネットショップ、オープンです!!

淹れ方にコツのいる、少々気難し屋さんのダージリンほか、
上の写真のセイロン・ディンブラ、
そしてヌワラエリヤと、
遅れていた春の紅茶、一挙に登場です!

また紅茶の詳しい話は、明日以降に・・・。

↓一つ下の記事。
 大急ぎで書いた短いものなのに、
 短時間のうちに“拍手”を下さった皆様、ありがとうございました。
 ご迷惑をおかけしているのに、拍手・・・。本当にすみません。
 ジンと来てしまいました。
 明日からも(もう、今日ですね。)またがんばります!


オンラインショップ 銀の芽紅茶店
  http://www.gin-no-me.com/


今日も読んでくださって、ありがとうございます


大急ぎで準備中!!

2009/06/02 23:06 [Tue]
ファーストフラッシュ

家族が寝静まり、
今大急ぎでサイト作りを進めています。

ネットショップオープンまで、今しばらくお待ちくださいませ。
遅くなり、本当に申し訳ありません。

オンラインショップ 銀の芽紅茶店
  http://www.gin-no-me.com/


今日も読んでくださって、ありがとうございます



4月2回目のネットショップ、オープンしています!

2009/04/22 13:10 [Wed]
DJ-1

ネットショップ、オープンしてます!
今週の土曜日までご注文を受け付けております。
ぜひご利用くださいませ。

☆*…*…*☆*…*…*☆*…*…*☆*…*…*☆*…*…*☆

 4月のネットショップ、2回目
 ●注文受付 … 4月21(火)~4月25日(土)午後8時まで

 ●発送日 …  4月25日(土)~27日(月)
 
 『銀の芽紅茶店』
   http://www.gin-no-me.com/ 

☆*…*…*☆*…*…*☆*…*…*☆*…*…*☆*…*…*☆

5月は所用で週末が全て埋まっているため、
ネットショップはお休みです。
しばらく間があきますので、
ぜひ今のうちにお求めいただければと思います(^^)


今日も読んでくださって、ありがとうございます


633

2007/01/13 00:34 [Sat]
<到着!>

茶園内に入ってもなお続く、細いガタガタ道。
両側は青々としたお茶の木がびっしりで、
「お茶の木ってこんなに低く育てるんだね」と興味津々。
次々に通り過ぎてゆくお茶の木々を必死に目で追います。
(だいたい膝から腰ぐらいまでの高さに揃えられていました。)

ところどころに建物があるのは、茶園で働く人たちの家だったのでしょうか。
茶園内には常時300人ほどが暮らしていて、中に小さな病院や学校もあるそうです。

b0701121.jpg

↑ミラーの下のお守りも揺れる、揺れる(笑)

そうこうしているうちに、ようやく停車。
でも、どう見ても“行き止まりだから止まった。”といった雰囲気。
どうやらここからは歩きで登るようです。

「歩きで“登る”!!??」

ひょ~~~!!!なんと恐ろしい響きでしょう(泣)
私たちを待っていたのは、なんと633段もの石段でした。
このときほど、日ごろの運動不足を悔いたことはありません。
b0701122.jpg

途中何度も立ち止まり、息を整え。
登り終えたときは、全身汗でビッチョリでした。
でも、たどり着いた、その感激といったらありません。
ようやく、念願だった茶園を訪ねることができたのですから!!

b0701123.jpg

道のり長し

2007/01/11 12:46 [Thu]
久しぶりに、インド・ダージリン見聞録のつづきです。
今回は、いよいよ茶園へ!というところから。

----------------------------
<茶園への道のり>

その日の朝は、6時起床。寒いけれど、窓の外は明るく晴れ渡っていました!
空を見ただけで気合が入ってしまう私(^^;
b07010811.jpg

7時朝食。ダイニングの入り口に掛けてあった温度計は、
確か13度ぐらいを示していたと記憶しています。どうりで寒かったわけですね。

今日は道のりが長いので、水分は控えめにし、急いで食べて
7時45分出発!
気合を入れて、ジープに分乗し出かけます。
運転手さんは、明るくご機嫌な若いお兄さんでした。

b07010812.jpg

ダージリンの街は傾斜地が多いので、タクシーといえばジープなんだそう。
私たち一行は、1台に付き3~5人とゆったり乗っていたのに対し、
すれ違うジープには常に10人ぐらいの人たちが乗り込んでいて、
ぎゅうぎゅうのすし詰め状態!?車の定員って、一体どうなっているんでしょう??
ゆったり乗っているのが、申し訳なく思えてきます。

b07010813.jpg

途中、斜め後ろを振り返ると、遠くの青空にくっきりそびえていました!
ヒマラヤ第3の高峰、“カンチェンジュンガ(8586m!)”とその山並み。
私たちが山を見つけて騒いでいたら、
運転手さん、写真を撮りやすいようにわざわざ車を止めてくださいました。
やさしいな~。

この運転手さんにはダージリン滞在中ずっとお世話になったわけですが、
道中「この茶園は今ストライキ中だ」など、生々しい情報も教えてくれたりもして。

茶園を両側に見ながら走る道中、興奮しっぱなしの私たちは
リアクションも派手(爆)
だからかどうかはわかりませんが、どこか楽しそうな運転手さんです。

さて、茶園への道は、あちこちで道路工事をしていることもあってかデコボコこで、
ジープは激しく揺れます。

かと思えば、急に渋滞発生。

b07010814.jpg

何事かと思ったら、なんでもこんな高地でオフィシャルなマラソン大会が行われているとか!?

・・・ (- -;

車が全く動けず、じーーっと待っている時間も意外と長く・・・。
通常2時間ほどの道のりを、倍の4時間半かけてようやく茶園内へ!

到着だ!!と思いきや、茶園に入ってもまだまだ続く険しい道。。。

b07010815.jpg

まるでいろは坂状態の細い道が続きます!
運転手さんは“大丈夫だよ~”みたいなことを言い、グイグイ車を走らせて!?
それはそれはスリリング・・・(苦笑)

揺られながら外を見ると、茶園のオフィスや工場があるところが遠くに小さく見えました。
とにかく、あそこまでたどり着かなくてはなりません。
b07010816.jpg

茶園とはかくも広大なところか・・・と、驚きのため息が思わず出たのでした。

                                ・・・つづく

ダージリンへ

2006/11/27 20:04 [Mon]
日々欠かせないものとなっていたデジカメが、
あろうことか撮りたいものがあれこれある時期に壊れてしまいました!!
撮れることは撮れるんですけど、
ディスプレイに全く何も写らないため、今どんな撮影モードになっているかとか
今撮った写真の写り具合などなど、チェックができないのです。
修理から返ってくるには1週間ぐらい待たなくてはならないかも。。。
ああ、、長いなぁ。

でもふと思いました。
デジカメが登場する前のカメラといえば、
現像してみるまで、出来栄えなんてチェックのしようもなかったんですよね。
それが普通でした。
なのに、この数年ですっかり“すぐ見られる”のに慣れてしまい、
待つことが一層苦手になってしまったようです。

とはいえ、、、商品撮影が出来ないのは痛すぎる!
早く戻ってこないかな (ToT)

-------------------------------------

<ところで、“ダージリン”って?>

先ほど、我が家を建てるときにあれこれ非常に非常にお世話になった
住宅メーカーの営業さんが訪ねてこられました。
丁寧ですね、「3年目を迎えて住み心地はいかがですか?不具合はないですか?」と
聞きに、わざわざ顔を出してくださったのです。

その折、私が紅茶の仕事をしていることはご存知なので、そんな話題にもなり、
実は先月インド・ダージリンへ行ってきて・・・という話もしたのですが、
やはりこのことは知らなかった様子でした。
“紅茶の名前は、地名だ”ということ。

“ダージリン”という名前の紅茶は聞いたことがあって知っていても、
それが街の名前であることは知らない人が多いようで、
「ダージリンに行ってきたんだよ~」というと、
「ダージリンっていう場所があるの!?」という答えが何度返ってきたかわかりません。
よく名前を聞く、ダージリンとかアッサムとかセイロンとか。
これらはすべて地名や国名で、
(セイロンは、ご存知のとおりスリランカの旧国名ですね。)
その地域や国一帯で作られている紅茶の総称となっているのです。

今回私が行ったのは、北インド、ヒマラヤの麓のダージリンという街で、
ダージリンティーというのは、
その地域一帯で作られている紅茶のことを指しているわけです。

ダージリンの街

標高およそ2000m。山肌にへばりつくように街があります。

なにしろ上の写真のような場所ですから、行き着くには結局丸一日を要しました。
コルカタのホテルを出てから、飛行機で1時間、
悪路をバスで揺られること4時間以上。
途中、空港で停電したり(!)飛行機が遅れたりなどという、
インドでは当たり前といわれることも起こって。
“インドって、本当に停電するんだね!?”と、
日本のことを思えばとても貴重な体験に若干興奮 笑
「今、インドにいる」ということを強く実感することとなりました。

ではここで、道中の写真のほんの一部ですが、ご覧いただくことにしましょう(^^)/
この景色を見て、デリーやコルカタがいかに大都会だったかを知った私です。

バグドーグラの空港を出るとすぐに、鮮やかな緑輝く茶畑が両側に!
空港を出てすぐの茶園

ダージリンへ向かっているのに平坦な茶園というこの景色は結構意外でしたが、
舞い上がるほどテンションがUPしたのは言うまでもありません(^^;

世界遺産、ダージリン ヒマラヤ鉄道の線路を横目に見ながら進みます。
ダージリン・ヒマラヤ鉄道と平行して走る


だんだん上へ上がってきましたよ。
山一面、すでに茶畑です。
上がってきましたよ


夕暮れはとてもきれいでした。
夕暮れ

こんな車窓の景色を眺めながら、前後左右弾むように揺られ。
連日30度を超すコルカタを出るときは蒸し暑かったのに、日が暮れてからは肌寒くなり、
分厚いニットのカーディガンを手荷物から引っ張り出して着込みます。

やっとたどり着いたときには、辺りはすでに真っ暗。
バスを降りると、寒い!
でも、その寒さが、「いよいよ明日は茶園だぁ!!」という気持ちを
強くさせてくれます。

ホテルのお風呂は熱いお湯が出ず、部屋のヒーターが壊れていたりで
この日何度目かの“今、インドにいるんだ!”を実感。
棚から予備の毛布を出してきて、靴下まではいて、ベッドへ。

寝付けるか心配したものの、ここまでの旅で、すでに疲れがあったのでしょう、
寒さもどこへやら、深くぐーーっすり眠って。
気付けば、もう明け方になっていました。
さぁ、いよいよ念願だった茶園へ向かう日です!

                         ・・・つづく

もちもち“モモ”

2006/11/20 21:01 [Mon]
昨夜の夕食は、久しぶりに手作り餃子!
いつもはキャベツを使う我が家ですが、先週義両親宅からやってきた白菜が
まだ使い切れずに残っていたので、今回は白菜で。
中身は白菜のほかに、にら、ねぎ、豚挽き肉に
しょうがのしぼり汁と調味料などを加えて練りねり。
我が家ではにんにくは使いません。にらの香りで十分!
その方が胃にもたれず、たくさん食べられますしね♪
b0611201.jpg

写真の“手”、実は主人です(笑)
記憶は定かでないけれど、結婚して最初に手伝ってもらった料理が
もしかしたらギョウザ作りだったんじゃないかな?
“やってみる?”と声をかけたら、興味深々で手伝ってくれて以来、
包む作業は必ず二人でやっています。
今では私より上手で、軽く威張っているところが笑えますが f^_^;

ところで。

↓こちらの食べ物は、一体何でしょう!
   それこそ餃子にそっくりですよね。
チベット風餃子“モモ”

これは、“モモ”という、ネパールの蒸し餃子なのです♪
左が豚肉のモモ、右が野菜のモモ。
ダージリンの街から茶園に向かう途中、
クルセオンという地区にある休憩施設で食べたもの。
私が食べたのは豚の方。
日本で食べる餃子をイメージして口にしたら印象が違っていて、
むしろシュウマイに違い感覚。
ひき肉と玉ねぎが入っていて、非常においしかったです。

インドでもダージリンまでやってくると、
様々なところでネパールやチベットの影響が見られるようになります。
そして、風景も見事なまでに一変!!
想像以上の世界が広がっていました。
この次は、いよいよダージリンのお話をしたいと思います(^-^)

 | HOME |  »

プロフィール

銀の芽*Eri

Author:銀の芽*Eri
紅茶を飲んでほっと一息♪銀の芽紅茶店店主がつづる仕事の合間のひとときと、日々の覚書き。
2007年9月26日に長女を、ちょうど3年後の2010年9月26日に長男を出産!こんなこともあるのです。ドタバタの毎日ながら、紅茶のある心豊かな時間を大切にしたいと思うアラフォーです。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。