銀の芽*Eriの紅茶日記

銀の芽紅茶店店主の紅茶日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶の旅 番外編

2009/11/07 05:53 [Sat]
小樽 倉庫 ツタの紅葉

先日の北海道旅行のおり、小樽にも立ち寄りました。

冷たい雨が降って風もあり、とても寒かったのですが、
風情のある倉庫群は、やっぱりステキ。

こんな冷える日でも、人力車が町を走っていました。
車夫のお一人は、車“婦”、女性でしたよ。

寒いでしょうに、生き生きとした笑顔でお仕事されてました。


話が札幌に戻りますが、
2日目に、定番?の白い恋人パークにも行ってきました。
工場見学ができ、子どもも楽しめると聞いていたのですが、
展示物のためとさまざまな演出用に、照明を全般に落としてあるため、
薄暗い空間が苦手な2歳児は、小さくかわいい声で“こわ~い”を連発!?

あせって駆け足で見学。

私は、アンティークのチョコレートカップのコレクションと、
カカオに関する展示をじっくり見たかったのですが、
文字通りの駆け足だったため・・・(>_<)

でも、紅茶教室で紅茶とチョコレートの会をしたときに説明した
カカオ豆やカカオニブといった原料の実物を見ることができたので、大収穫!
チョコレートカップのコレクションも、見事でした。

(子どもは、レトロおもちゃの展示で、古いミッキーさんやキティーちゃんなどを
  見つけて大喜び!楽しんでくれてよかった~。)

白い恋人パーク チョコレートドリンク ホワイト

チョコレートラウンジで、
ダブルハンドルのカップに入ったチョコレートドリンクを飲み、一休み。
アンティーク以外でこういったタイプのチョコレートカップを
私は見たことがないので、使ってみたかったというのが、
これを選んだ理由(笑)ケーキはぐっと我慢(^^;

こちらは、ホワイトチョコにイチゴソース。
脂肪分が多いため、案外お腹がいっぱいになります。
定番のチョコレートドリンクの方も、コクがあって、おいしかったですよ。

大人だけの旅行ではないため制約は多々ありますが、
行く先々で好きなものや、テーマを絞っての見学は、
散漫にならずにいいものですね~。

主人に、「今回は、子ども中心の旅行だからね!」と
釘をさされておりましたが(苦笑)
そんな主人も、白い恋人パークでは
「コンサドーレ札幌の練習グラウンドが見れたから、満足した」などと
言っておりましたし、まぁ、全員楽しめたということで、
めでたし、めでたし!!

子どもがもう少し大きくなったら、楽しめるものがもっとふえるでしょうから、
そんな時期がやってくるのを、気長に待ちたいと思います(^^)



今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

再会!at 札幌の紅茶専門店 ニル・マーネル

2009/11/05 00:08 [Thu]
札幌 ニルマーネルにて

11月の声を聞いた途端に、急に冷え込みが厳しくなりましたね。
きのう、おとといは、ほぼ一日中暖房を入れて過ごしました。
こうなると、空気が乾燥して風邪をひきやすくなるので、要注意。
今年はインフルエンザも心配ですしね。

この前の週末、家族で札幌に行っておりました(^^)

行き先が札幌と決まって、真っ先に行きたいと思った場所は、

紅茶専門店NIL MANEL(ニルマーネル)さんです♪
 http://nilmanel.net/

ここを一人でやっている辻田さんとは、
インド旅行で出会って以来のお付き合い。

もちろん離れているので、
日ごろは、ときどき交わすメールやお互いのブログで近況を知る間柄。

実際に顔を合わせるのは、2006年の秋以来。早いな~。
そのインド旅行のあと、娘を授かったのですから・・・。

ランチのサンドイッチ ティーコジーがかわいい♪ さっくりほろほろ スコーン

お店は、もともと雑貨屋さんだったスペースだけあって、
白い壁にナチュラルなインテリアや雑貨がよく合っていて、
とても落ち着く空間。

席につくと、思い出話もそこそこに、
お昼を抜いて空港から直行し空腹の私たちは、ランチセットを注文!
サンドイッチ、おいしかった~☆(娘もよく食べてくれました。)
パン屋さんで働いておられた経験が、見事生きてます。

紅茶は、お茶がらを入れたまま、ティーストレーナーを使って
濾しながらカップに注ぐ方法。
“本日の紅茶”、セイロン・キャンディを頂きました♪

札幌は水が超軟水だそうで、普通は渋みが強くなってしまうところを、
茶葉を量を加減して、
最初から最後までおいしく飲めるように工夫しているとのこと。

1杯目はあっさり、香りを楽しんで。
次第にしっかりしてくる味わいを、2杯目以降で堪能。

銀の芽では、その紅茶にとって一番いいと思われる時間まで蒸らしたら
茶がらを濾して別のポットに移す方法をおすすめしていますが、
こうしてコントロールしてあれば、
茶がらを入れっぱなしでも、最後までおいしくいただけることを再認識。

さすがだな。うれしいなぁ。
こういうお店、近所にあったらいいのにな(笑)
(自分でやりなさいって?(汗)前も、こんなことを言っていたような!?)

後に予定があったため、早々に切り上げなければならず、
それだけが残念でしたが、元気そうな様子に一安心。

スコーンも、紅茶も、サンドもおいしくて、
外は寒かったけれど、(この翌日、札幌は初雪・・・)
お腹と心はほんわり温かく、幸せいっぱいになったのでした。



今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村


また行きたい紅茶とスコーンのお店

2009/10/10 18:59 [Sat]
北山紅茶館にて

引き続き、シルバーウィーク中に行ってきたお茶の旅のお話。

大津から、京都・大原、そして高山寺へと向かう途中、寄り道をして、
『北山紅茶館』というお店に立ち寄りました。
思ったより時間に余裕ができ、急きょ観光ガイドで調べて見つけたお店。

時間はお昼時。ランチメニューはあるかしら?
それはそうと、雰囲気良さそう・・・。子連れは無理かな・・・?

「子どもも一緒ですが、大丈夫ですか?」と入り口で恐る恐る聞いてみると、
「大丈夫ですよ~。どうぞ(^^)」
「本当に大丈夫ですか?」
「はい、もちろんです。お入りください~。」

なんとありがたい。幸せオーラいっぱいの笑顔で迎え入れてくださいました。

他のお客様と少し離れた、入り口に一番近い席を選んで、ホッと一息。
子ども用の椅子とちょっとしたおもちゃが用意されていましたし、
他にもお子さん連れのファミリーが。
みんなお行儀よく、サンドを食べたり、お茶を飲んだり…。
日ごろからち子どもたちも、お母さんやお父さんに連れられて、
おいしい紅茶を楽しんでいるのかしら?

この肩肘張らないスタイルがなんともありがたく、
また、ナチュラル&カントリースタイルのインテリアが実に心地いいこと!

テーブルに置かれていたシュガー入れは、ポートメリオンのぽってり温かみのある陶器。
他の食器もそれで揃えられていました。
雰囲気が実にマッチしていて、
近所にこんなお店があれば通っちゃうなぁなんて、ポツリ。
(え?自分でやればいいですって? … 汗)

おいしいスコーン

頂いた紅茶は、ケニヤのキクユティー。
初めていただきましたが、程よいコクがあり、ストレートでもミルクティーでもOK。

ポットサービスだったので、両方でたっぷり味わいました。

ランチのサンドウィッチ以外にも、スコーンまで欲張って注文した私…。
でも、注文してよかった!
私好みの味で、さっくりモロモロッとしていて、ほんのり甘めのおいしいスコーン。
バターと生クリーム、ジャムを付けるのですが、
生クリームだけだと足りないコクがバターで補われて、いいバランス。
このスコーンには、きっとこの組み合わせが合うのでしょうね。
自宅でも、クロテッドクリームがないときには、
こういう取り合わせで試してもいいかもしれません。

こちらはお持ち帰りし、冷めている状態でも食べてみましたが、
香りもよく、いいお味でしたよ(*^o^*)

また行きたくなるお店に出会いました。



今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村


大津プリンスホテルでアフタヌーンティー☆

2009/10/10 01:18 [Sat]
大津プリンスホテルのアフタヌーンティー

台風一過、お住まいの地域は大丈夫でしたか?
我が家の辺りは停電もなく、無事でした。
被害の大きかったところもあるようで、、、早い復旧を期待しています。


さて、ここ数日のようにぐっと秋めいてくると、
写真のアイスティーでは寒々しく感じるかもしれませんね(^^;
今頃…ですが、シルバーウィークのときの話なので、どうかご了承を。

今回のお茶の旅(京都編)では、初日、京都の手前、大津に泊まったのです。
急きょ決まった旅だったので、宿泊自体は空いていたお手頃なホテルでしたが、
そことは別に、4時間近いドライブの後の休憩をぜひここで!とリクエストし、
(運転したのは主人なのに、休憩場所の決定は妻主導…汗)
大津プリンスホテルのラウンジに立ち寄って、アフタヌーンティーと相成りました♪

3段のケーキスタンドに、スコーンとクロワッサンのサンド、
プチガトー、そしてチョイスできる生ケーキが。

子どもがいるため、こじんまりとした大人の雰囲気のティールームだと
さすがに迷惑をかける可能性があり遠慮しますが、
ホテルのラウンジはゆったりした席の配置ですし、
ホテルという場所柄、スタッフの方々も子どもに慣れておられるので、
(もちろんウロチョロしないように、騒がないように、相当気は遣いましたが・・・)
感じのよい笑顔で対応していただき、ありがたかったです。

写真は、主人がオーダーした、季節限定のリンゴを使ったアレンジ。
ホットバージョンもありましたが、
長距離運転のあとにはすっきりするのがいい!ということで。

私は、黒豆やクリの乗った和のケーキを選んだので、キームンを合わせることに。
ティーポットにたっぷり3杯分ほど入っていました。

紅茶は、我が家で淹れる味よりあっさり目。
でも、日ごろたくさん飲まれない方には、
これぐらいの方が残さず飲めると思うので、かえっていいのでは。

子どもがケーキを狙って見つめていたため、大急ぎでパクパク、ゴクゴク!?
あぁ、もう少しゆっくり味わいたかったなぁ(苦笑)

こちらは、日本紅茶協会認定のおいしい紅茶の店に選ばれています。

プールのある外の景色を眺めながら、
(子どもに気を取られ、100%のんびり~という訳にはいきませんでしたが 苦笑)
久しぶりに、気分が晴れやかになるいいティータイムになりました☆

大津プリンスホテル ラウンジ
http://www.princehotels.co.jp/otsu/restaurant/chatelaine/index.html



今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村


お茶の旅 つづいては建仁寺へ

2009/10/07 06:33 [Wed]
平成の茶園

つづきまして、またもや茶畑です。

こちらがどこかといいますと・・・

建仁寺

あの『風神雷神図屏風』で有名な、建仁寺です。

こちらは、『喫茶養生記』を記したの栄西が建てたお寺。

平成になって作られた茶園があり、
また、あちこちの生け垣にはお茶の木が使われていて、
お茶ゆかりの寺であることを実感します。

お薄を一服

あずきにお抹茶をふりかけた、
苔むした庭をイメージしたというお菓子を頂き、
お薄を一服。

久しぶりに落ち着いていただいたお抹茶は、
家で慌ただしく点てるお茶より濃厚で、ほろりと苦みが利いて、
とてもおいしく感じました。

あぁ、至福のひととき。


*追記
   ミシュランガイドの京都・大阪版の詳細発表が、この建仁寺で行われましたね。
   行くとわかるのですが、由緒あるお寺にしては少々商売っ気を感じる場所でもあります(笑)
   意表を突く場所選び。でもありえるかも・・・なんて思っちゃいました(^^;


今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村


“日本最古の茶園”でした!

2009/10/06 19:00 [Tue]

前の記事の続き。

どこ?

ここはどこでしょう?

正解は、

日本最古の茶園

でした!

ここは、京都市右京区梅ヶ畑栂尾(とがのお)にある高山寺(こうざんじ)。

ここの実質的な開祖とされる明恵(みょうえ)上人が、
『喫茶養生記』を記したことで知られる鎌倉時代の禅僧・栄西から
受け取ったお茶の実を植えたことで始まったとされる
日本最古のお茶園があります。

最古の茶園のお茶の新芽

実際は、栄西が宋から茶の実を持ち帰った時期や
日本に帰り着いてその後しばらく過ごした場所などを考えると、
いきなりこの京都の地にお茶が根付いたとは考えにくく、
最古の茶園があったと佐賀にも話が伝わっているそうで、
そちらの方が信憑性が高いのでは?なんて話もあります。

が、いずれにしても、ここからお茶が広がっていったことには違いなく、
お茶の歴史においては、はずせない場所なのです。

このお寺は、あの『鳥獣人物戯画』で有名。
石段をへーへー言いながら登ってきて、
ほとんどの人は、(レプリカですが)展示されている石水院へ。
いきなりお茶園へ直行し、必死に写真を撮りまくっていたのは私だけ。

娘にまで、「ぉかぁたん、はやくぅ~!」とせかされる始末。
ですが、これが見たくて京都に来たんだモン♪と、
うれしさと、感激と、感謝でハイテンションの私でした。

境内は世界遺産です。
静かで、緑や建物が美しく、紅葉の時期はものすごい人出だそうです。



今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村


ここは、一体どこでしょう?

2009/10/05 18:58 [Mon]
どこ?
さて、問題です。

ここは一体どこでしょう?



今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村

 | HOME | 

プロフィール

銀の芽*Eri

Author:銀の芽*Eri
紅茶を飲んでほっと一息♪銀の芽紅茶店店主がつづる仕事の合間のひとときと、日々の覚書き。
2007年9月26日に長女を、ちょうど3年後の2010年9月26日に長男を出産!こんなこともあるのです。ドタバタの毎日ながら、紅茶のある心豊かな時間を大切にしたいと思うアラフォーです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。