銀の芽*Eriの紅茶日記

銀の芽紅茶店店主の紅茶日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳の誕生日

2009/09/26 19:05 [Sat]
京都・大原、三千院 色づきかけの紅葉

今日で、娘が2歳になりました。
人差し指を立てる“1”は上手にできるけど、中指も立てる“2”は難しく、
全部の指を開いた状態から、親指に人差し指を近づけるのが、
本人なりの“2”のサインです(笑)

振り返れば・・・

ひどいつわり、切迫早産、逆子による帝王切開での誕生。
あの頃の感情というのは・・・
ある意味ハイテンションであり、どこか頭がパキパキに冴えていて。
全身の感覚が研ぎ澄まされていたように思います。

元気に生まれてくること自体が奇跡なんだと知った、大切な日。

あれから2年経ちました。

最近の日常は、
あのころの感動を思い返す間もないほど(苦笑)日々ヘトヘトですが、
大人にはあり得ない、ものすごい吸収力で成長を続けているのが頼もしく、
また、たどたどしい言葉でのおしゃべりなどなど本当にかわいいです。

ほとんど風邪をひいたこともない健康体なので、
これからも、まずは健康で元気に大きくなってほしいものです。


この前の連休は、家族3人で、京都に行ってきました。
お茶に関連する場所をいくつか訪ねてきましたので、
後日そのご報告をしたいと思います。

上の写真は、途中立ち寄った大原の三千院にて。
紅葉はまだまだ先ですが、こうして色づいている木も、
わずかですが、ありましたよ。



今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

金沢城河北門の、壁板を寄進する

2009/09/23 22:13 [Wed]
金沢城公園

とても楽しみにしていたシルバーウィーク。
十分満喫して、早くも終わろうとしています。

暑すぎず、寒くもない今の時期の連休は、行楽にもってこいでしたね。
混雑の様子を見ると、かえって二酸化炭素の排出量が増えて、
環境には…なんて思う部分もありますが、
私自身の気持ちの面では、
想像以上のリフレッシュになった、いい休日でした。


まず今日は、20日(日)の様子をご紹介します。

金沢城公園です。

この日は、“金沢城河北門<壁板の寄進>記名会”があり、
親子3人で行ってまいりました。
これは、復元工事が進む河北門の、内部の瓦や壁板を寄進し、
その裏側に名前を書くもの。
私たちが払ったお金は事業費の一部になり、
そして名前を書き込んだことが、私たちの記念になります。

受け付けが、確か子どもが生まれて間もないころにあったように思うのですが
(あまりに激動の日々だったため、このころの記憶は全般に曖昧なのです 汗)
とにかく、家族の記念になるからという理由で申し込んでおいたのです。

寄進の壁板に記名中

すでに復元されている五十間長屋の中に、今回寄進する壁板が用意されていました。
指定された区画に、ちょっぴり緊張しながら名前を書きます。

金沢城河北門工事現場

そのあとは、ヘルメットをかぶって、工事現場を見学。

金沢城河北門遺構と新しい石垣

すでに出来上がっている石積みの部分。
土嚢との間には、今回出土したという遺構が。
調査し、使えるものは使い、残ったものは埋め戻すのだそうです。

完成時期についてなどの説明も受け、今後また訪れるのが楽しみになりました。

歴史・文化遺産がある町は、やはりいいな~。

国を問わず、地域を問わず、歴史のある古い場所が好きな私です。



今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村

アンティークを持ち込んで

2009/09/19 22:48 [Sat]
イギリス式ロシアンティー
↑イギリス式レモンティー“ロシアンティー”。
 日本でいう、ジャムを入れるロシアンティーとは違うもの。
 一般的なレモンティーとは少し違うポイントを押さえると、フルーティーで上品な味わいに♪


1か月ぶりの紅茶教室は、やはり楽しかったです!
前日の打ち合わせから気持ちがとても盛り上がり、
ここしばらくの落ち気味な気分がうそのように、
スッキリ元気に向かうことができました(^^)

いつも以上に引っ越しのような大荷物で、喫茶竹屋さんへ。
荷解き(笑)をして、どんどんテーブルに並べて、
早く来てくださった生徒さんには、お手伝いもしていただいて。

今日は、紅茶の歴史その1。
華やかな文化として紅茶がイギリスに根付くまでを、
中国のお茶誕生の神話からたどって、駆け足でご紹介しました。

古い紅茶道具あれこれ

なので、テーブルの上は試飲用のカップ&ソーサーだけでなく、
レアな茶道具があれこれ。

ティースプーンは、アンティークのスターリングシルバーのものを
皆さんにお使いいたき、ステンレスとは違う感触を楽しんでいただきました。
また、200年ぐらい前のティーボウル(取っ手のないカップ&ソーサー)も、
さりげな~く、本来とは違う使い方でお出ししていたので、
“自分が手にして使ったものがそんなに古かったとは!?”と、後からおびえる生徒さん(爆)
いいのです。道具は使ってナンボなのです(笑)

きれいなものを見たり使ったりするのは、心が華やいでいいものですね。
皆さんの様子を見てもそう思いましたし、私自身も幸せな気分にひたれました。

歴史の話に合わせて、ラプサンスーチョンやキームンなど、個性的な中国紅茶を試飲。
苦手な方が多いことを見込んで、
とろんと甘く薫り高いシャンピンウーロンも用意しておきました。

キャロットケーキ

今回のお菓子は、イギリスの伝統的な家庭菓子を竹屋さんにお願いして、
おまかせで作ってもらったもの。

写真は、キャロットケーキです。なんとも素朴な味わい。
でも、これが紅茶にとても合うのですね~。
中国の雲南紅茶をストレートやミルクティーで合わせて味わっていただきました。

ご主人の転勤で今回が最後になってしまった生徒さんがおられ、さびしいですが、
またこちらにお立ち寄りの際に、
一緒においしい紅茶を楽しむ機会があればと思います。

次回は、紅茶の歴史の2回目です。
今回とは全く違う雰囲気になります。お楽しみに~。


今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村

ご無沙汰しておりました。久しぶりに更新です

2009/09/16 16:23 [Wed]
近所の公園にて
↑いつも遊んでいる、団地の中の公園です。
 滑り台の階段を“一人で登る!”と、私の手を振り払うように。
 

大変ご無沙汰しております。
皆さん、いかがお過ごしでしたか?

夏の疲れ、そして、おそらくこれまで2年分ぐらいの疲れが
一気に出てしまったのでしょう、
体力的なこともさることながら、気力がまるで出てこず、
ひたすらのんびり~な日々を送っていました。

色々あっても、こうしてアウトプットする気力がまるでなかったのですが、
やっと気持ちが前を向くようになり、
元気を取り戻しつつあるのを実感します。

まずは今週末の紅茶教室で仕事復帰!
日本茶教室にネットショップと続きます。

さぁ、やっとこさでもなんでも、前に進まなくては。


まもなく娘が、早いもので2歳になります。
相当いろんなおしゃべりをするようになり、
毎日いろんなことを吸収して面白いです。
きのうは初めて、私の手を離して、子どもたちだけで遊んでくれました!
近所の元気なお友だちに刺激されたようです。よかった。すごい成長!!

4月から子どもを、未満児さんOKの幼稚園に入れようと
8月の下旬から先日までの間に、いくつか下見をしてきました。
近所に保育園はあるけれど、定員がいっぱいなのと、
なんとなく、子どもの様子を見ていると幼稚園の方が向いているように思って。

4月からのことなのに、すでに願書の受け付けが始まっているところもあり、
なにやら妙に焦りが・・・。
私の仕事の都合もあるけれど、子どもの未来につながる大事な選択なので、
主人ともよく相談の上、決めたいと思っています。

園も色々特徴がありますね。
うちの子には何が向いているのかな?などと、
あれこれ観察しながら考えています。


久しぶりの更新でしたが、読んでくださってありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村


 | HOME | 

プロフィール

銀の芽*Eri

Author:銀の芽*Eri
紅茶を飲んでほっと一息♪銀の芽紅茶店店主がつづる仕事の合間のひとときと、日々の覚書き。
2007年9月26日に長女を、ちょうど3年後の2010年9月26日に長男を出産!こんなこともあるのです。ドタバタの毎日ながら、紅茶のある心豊かな時間を大切にしたいと思うアラフォーです。

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。