銀の芽*Eriの紅茶日記

銀の芽紅茶店店主の紅茶日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルカタのチャイ屋さん その2

2006/10/31 21:44 [Tue]
久しぶりにお花の教室へ行き、かぼちゃを器にしたアレンジを作ってきました。
一応ハロウィンですからね。遊び心のある形を先生がデザインし、
私なりに再現してみました…が。
センスゼロの私。
いつも、萎縮したようなのびやかさのない、変な形になってしまいます。
いつかのこのセンス、ちゃんと磨かれて光るようになるのでしょうか!?
は~、道のりは長いなぁ。
かぼちゃのアレンジ

そういえば、取得した資格が一つ増えました。
ジャパン ハーブ ソサエティー認定の「ハーブインストラクター初級」です。
インドに行っている間に合格通知が来ていたらしく、それに気付いたのがきのうの夜で、
今日までに認定料を振り込まねばならなかったのを知ったのもそのときで・・・。
あやうく認定がだめになるところでした。ほっ。

私の目的としては、やはりハーブの知識を紅茶に生かすこと。
認定は足がかりにしか過ぎず、これからもずっと勉強が必要です。
近い将来、何か形にできたら嬉しいなと、夢だけはどんどん膨らんでいます。

---------------------------------------------
<コルカタのチャイ屋さん その2>

コルカタでは、もう1件のチャイ屋さんを訪ねました。
今度は道端での“青空”チャイ屋さん。
1件めと違い、こちらは鍋で煮出して作っています。
青空チャイ屋さん

炭火でどんどん焚いています。
インドの牛乳は無殺菌なんだそう。
しっかり沸かさないと怖いですよね・・・。
煮立ててます

砂糖は、見たところ白ざらめのような荒い粒。
インドで最も一般的に手に入るものだそうです。
白砂糖

このお店のチャイには、ショウガとカルダモンが入っていました。
でも、スパイスの風味も紅茶の味もとてもやわらかくて繊細!
甘みも、1件めより抑えてあって、意外に上品な味で驚きました!おいしぃ♪
本場のチャイも様々なのですね。
小さいクリで頂きます

こちらは小ぶりのクリでした。
チャイ 1杯 3ルピー。(=日本円で8円ぐらい)

クリの残骸

ところで。
チャイを入れる素焼きの器クリは、使い捨てです。
飲み終わると地面にたたきつけ、土にかえします。
チャイをすすっているわずかな間にも、
くすんだ“カシャッ”という音を幾度か耳にしました。

しかし、道路がアスファルトで舗装されている今、
本当に土にかえっていくのか?というと、実際そうでもない状況が目の前に。
クリの残骸にはハエが集まり、悪臭を放っています。

そんなことから、最近ではグラス売りだったり、プラスチックのカップだったり
する場合が増えてきているようです。
独特の風情が失われていくのはさびしいですけれど、
やむをえない事情もあるのですね。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ginnome.blog34.fc2.com/tb.php/141-07058666

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

銀の芽*Eri

Author:銀の芽*Eri
紅茶を飲んでほっと一息♪銀の芽紅茶店店主がつづる仕事の合間のひとときと、日々の覚書き。
2007年9月26日に長女を、ちょうど3年後の2010年9月26日に長男を出産!こんなこともあるのです。ドタバタの毎日ながら、紅茶のある心豊かな時間を大切にしたいと思うアラフォーです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。