銀の芽*Eriの紅茶日記

銀の芽紅茶店店主の紅茶日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

633

2007/01/13 00:34 [Sat]
<到着!>

茶園内に入ってもなお続く、細いガタガタ道。
両側は青々としたお茶の木がびっしりで、
「お茶の木ってこんなに低く育てるんだね」と興味津々。
次々に通り過ぎてゆくお茶の木々を必死に目で追います。
(だいたい膝から腰ぐらいまでの高さに揃えられていました。)

ところどころに建物があるのは、茶園で働く人たちの家だったのでしょうか。
茶園内には常時300人ほどが暮らしていて、中に小さな病院や学校もあるそうです。

b0701121.jpg

↑ミラーの下のお守りも揺れる、揺れる(笑)

そうこうしているうちに、ようやく停車。
でも、どう見ても“行き止まりだから止まった。”といった雰囲気。
どうやらここからは歩きで登るようです。

「歩きで“登る”!!??」

ひょ~~~!!!なんと恐ろしい響きでしょう(泣)
私たちを待っていたのは、なんと633段もの石段でした。
このときほど、日ごろの運動不足を悔いたことはありません。
b0701122.jpg

途中何度も立ち止まり、息を整え。
登り終えたときは、全身汗でビッチョリでした。
でも、たどり着いた、その感激といったらありません。
ようやく、念願だった茶園を訪ねることができたのですから!!

b0701123.jpg
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ginnome.blog34.fc2.com/tb.php/176-b35cf812

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

銀の芽*Eri

Author:銀の芽*Eri
紅茶を飲んでほっと一息♪銀の芽紅茶店店主がつづる仕事の合間のひとときと、日々の覚書き。
2007年9月26日に長女を、ちょうど3年後の2010年9月26日に長男を出産!こんなこともあるのです。ドタバタの毎日ながら、紅茶のある心豊かな時間を大切にしたいと思うアラフォーです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。