銀の芽*Eriの紅茶日記

銀の芽紅茶店店主の紅茶日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本茶教室最終回 玉露を楽しみました

2009/10/18 09:35 [Sun]
日本茶教室 玉露を楽しむ

9月4週目の日曜日のことになりますが・・・
日本茶教室の最終回、玉露の会を開きました。

講師は今回も、一緒にインドに行って以来のお付き合い、
福井の五井先生。

いつもこの教室のために、スーツケースに荷物を詰め込んで
金沢へやってきてくださっていました。

教室は、こういった移動や荷物運び、セッティング、
もちろんそれ以前の準備(これが一番時間がかかります)がハード。
午前、午後と立ち通しなので、体力もいりますよね。

予定があれこれ詰まっている中、
いつもオドロキとおいしさ満載の教室をしてくださって、
心からありがたいなぁと思う次第です。


さてさて、この会は、みなさんお待ちかねの玉露でした。

中国茶の蓋碗のような茶器を使い、すすり茶で楽しみます。

すすり茶で

40度までお湯を冷まし、茶葉に注いで。
蓋をずらして、隙間から、滴をいただくような感じ。
「天井を仰ぐように飲んでみてください。」との説明に、
ぐぐーっと首を後ろに傾ける参加者の皆さん(^^)

とろりとした旨み。まろみのあるお味。おいしかったですね~。

3~4煎味わった後は、お茶がらにポン酢をかけて頂きました。
ビタミンCたっぷりで、美容にも◎。

石臼で抹茶を挽く  挽きたて抹茶をヨーグルトにかけてみました

覆いをして育てた葉を原料に使うという点では、お抹茶も同じ。
抹茶として挽く前の碾茶(てんちゃ。まるで大きめの青のりのよう)を、
五井先生持参のミニ石臼で挽いて、
今回は、プレーンヨーグルトにかけて頂いてみましたよ。

(ミニ石臼は、以前プライベートで我が家に五井先生が遊びにいらしたときにも持参!
  二人でお抹茶をたてて飲んでみたことがあるんです 笑
   そのときの記事がこちら →  Gさんが、五井さんのことです)

4回通しで来られた方も、今回のみの方も、
大いに楽しまれた様子でした。

抹茶を使ったスイーツが流行ったり、ペットボトルのお茶が当たり前になったり。
意外にお茶を飲んでいるようですが、
家庭で急須を使ってお茶を淹れる、特に若い人が減ってきているそうです。

少しでも、こういった機会を通して、
家庭でおいしくお茶を淹れたいし、皆さんにも淹れていただきないと思いました。

(もちろん、ティーポットを使って紅茶を淹れることも、忘れないでくださいね~!)



今日も読んでくださって、ありがとうございます



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ginnome.blog34.fc2.com/tb.php/497-fa44691c

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

銀の芽*Eri

Author:銀の芽*Eri
紅茶を飲んでほっと一息♪銀の芽紅茶店店主がつづる仕事の合間のひとときと、日々の覚書き。
2007年9月26日に長女を、ちょうど3年後の2010年9月26日に長男を出産!こんなこともあるのです。ドタバタの毎日ながら、紅茶のある心豊かな時間を大切にしたいと思うアラフォーです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。