銀の芽*Eriの紅茶日記

銀の芽紅茶店店主の紅茶日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「美しい瞬間を蓄えなさい」

2010/09/12 13:24 [Sun]
ここ1カ月ほど前から、頭を使うような少々小難しい話が
全くといっていいほど頭に入ってこなくなっています。
前回の妊娠のときもそうでした。
産後も数カ月、こんな状態が続きます。

なので、読む本も眺めるようなタイプのものがほとんど。
(ビジネス書なんて、まるっきり文字の上を目がつるんつるん滑る感じで(笑)
 同じ行ばかり3回も読んでしまい、話になりません(^o^ゞ )

先日読んだのは、いつ買ったのか思い出せないけれど
ずっと本棚にあった、こちらの本。

イギリス暮らしの雑記帖イギリス暮らしの雑記帖
(2002/09)
河田 ヒロ

商品詳細を見る


2009年まで、あの『COUNTRY LIVING』で挿絵のお仕事をされていた河田ヒロさんの本です。

以前はナチュラル&カントリーテイストが大好きだった私。
今は少し趣味が変わってきていますが、
やはり疲れているときに見ると、ぐぐっと胸に響いてきます。

イギリスでの暮らしの中から出てくる様々なお話。
交友関係もイラストレーターさんならではで、エピソードがとても面白いです。

ですが、今の私が一番うんうん!と頷いたのは
『美しい瞬間』という章の、この一節。

「美しい瞬間を蓄えなさい」

ロンドンでしばらくベストセラーだったという本の中からの引用部分で、
河田さんご自身も、職業柄
“感動の記録だけは膨大にストックしてあります”とのこと。
確かにそうでしょうね。

私が今ここに反応するのは、出産間近の巣ごもり本能もさることながら、
紅茶というテーマに対して、紅茶そのものはもちろん、
食器、そしてインテリアなどなど、紅茶を取り巻く周辺のものへの興味が
以前よりはるかに増しているためでもあります。

そして、そういうことへの興味を少しずつでも形にし始めると、
結局自分が住まう空間への興味が高まり、
巣ごもり本能と相まって一気に、
「きれいなものをたくさん見たい。自分の中に蓄えたい」という思いがあふれてきます。

こうしてきれいなものに触れたい思いが、
もしかしたら無意識の胎教にもつながっているのかもしれませんし、
うまく言えないのですが、身の回りの一見バラバラなことが
全てつながってくるような、不思議な感覚があります。

何となく手に取って読み始めた本に、様々触発されている私です。

この章を読んだ翌朝、目覚めれば空一面のうろこ雲。
朝焼けのオレンジ色の光が雲一つ一つに写りこみ、それはそれはきれいでした。
(やはり早起きな娘と一緒に、きれいね~と眺めておりました。)

この章の中にも、偶然にもうろこ雲の話が出てくるのです。

偶然の一致に、嬉しさが増した瞬間でした。
これ以来、少し空を意識して眺めることが多くなっています。



今日も紅茶片手に、くつろぎのひと時を・・・
 いつも読んでくださって、ありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村



子育てスタイルに参加中♪


スポンサーサイト

« 上履きにキティちゃんを付けて  | HOME |  母親学級に行ってきました »

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://ginnome.blog34.fc2.com/tb.php/605-712560ee

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

銀の芽*Eri

Author:銀の芽*Eri
紅茶を飲んでほっと一息♪銀の芽紅茶店店主がつづる仕事の合間のひとときと、日々の覚書き。
2007年9月26日に長女を、ちょうど3年後の2010年9月26日に長男を出産!こんなこともあるのです。ドタバタの毎日ながら、紅茶のある心豊かな時間を大切にしたいと思うアラフォーです。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。