銀の芽*Eriの紅茶日記

銀の芽紅茶店店主の紅茶日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『もりのおくのおちゃかいへ』

2010/11/12 14:03 [Fri]
ほとんど出なかった声が、だいぶ出るようになってきました。

まだしつこい咳が残っています。
早く治したいところです。


新聞の広告で見かけて気になり、すぐにアマゾンで注文。
冬に読みたい、ステキな絵本に出会いました。


----------------------

もりのおくのおちゃかいへもりのおくのおちゃかいへ
(2010/11/03)
みやこし あきこ

商品詳細を見る

----------------------


『おつかいに行くキッコちゃんが見つけた不思議な館。
そっとのぞいてみると、おめかしした動物たちがすてきなお茶会を開いていました。』

グレーの濃淡の世界は、絵とプロフィール欄から察するに、木炭画のようです。
冬の寒さがよく表現されていながら、どこか温かみが。

でも、子どもの絵本だと思うと、
ちょっと恐ろしげというか不安な感じもして、
ワクワクするタイプとは違う、ドキドキ感が漂います。

そんな風に感じたのは、あながち間違いではないようで、
作者さんが、こんなことを書いておられます。
http://www.kaiseisha.co.jp/newbook/new159.html


とりどりの素朴なケーキにお茶。
カップの形やティーコジーがある様子から、“お茶”は紅茶でしょうね♪
アンティークショップで見かけるような形のケーキサーバーなど、小道具もカワイイ。

作者の方、まだお若いのです。
これからも、さりげない優しさやぬくもりの伝わるステキな作品を期待します☆


今日も紅茶片手に、くつろぎのひと時を・・・
 いつも読んでくださって、ありがとうございます!

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村



子育てスタイルに参加中♪


スポンサーサイト

« 『Tea at Fortnum & Mason』にIced Teaの記述  | HOME |  声がかれてしまいました »

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://ginnome.blog34.fc2.com/tb.php/624-e82aa399

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

銀の芽*Eri

Author:銀の芽*Eri
紅茶を飲んでほっと一息♪銀の芽紅茶店店主がつづる仕事の合間のひとときと、日々の覚書き。
2007年9月26日に長女を、ちょうど3年後の2010年9月26日に長男を出産!こんなこともあるのです。ドタバタの毎日ながら、紅茶のある心豊かな時間を大切にしたいと思うアラフォーです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。