銀の芽*Eriの紅茶日記

銀の芽紅茶店店主の紅茶日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画材は紅茶の葉!ルワンダ人アーティストの作品

2012/06/19 09:57 [Tue]
ルワンダ人アーティスト リチャードの作品

台風が近づいていて、雨が激しくなっています。
日本を縦断するようで、心配ですね。



今日は、話題にしそびれていた、絵の話をしたいと思います。

我が家の玄関に、今年の3月からかかているのが上の絵。
季節を考えると、そろそろ掛け替えてもいいのかもしれませんが、
玄関が明るくて、雰囲気がよくなったので、
そのままあったかい感じにしてあります。



これ、アフリカン・アートなのです。

ルワンダ人の29歳若手アーティスト、リチャードの作品。
金沢で3月に個展があることを新聞記事で知ったときに
そこに写っていた一枚の絵に衝撃が走った私は、翌日会場に。

ちょうど玄関にかける絵を変えたくて、
3日前から探し始めていたときでした。


会場につくと、
ルワンダからたった今到着したばかりという
作家リチャードに遭遇!

そこからは二人でじっくり話をし、
雪の降りしきる日本庭園を眺めながらアフリカの話をし(!)
作品を全部案内してもらい、
様々な思い、絵の手法などなどたくさん教えてもらいました。

絵の輪郭は、紅茶で

よく見ると、
縁取りの線は、なんと紅茶の葉なのです!
ルワンダ産の紅茶、CTC加工(顆粒状の加工)のものなんですよ。

なぜ紅茶を使ったかといえば、
紅茶が好きだから(笑)

なぜティータイムの絵かといえば、
紅茶を囲む家族の時間が好きだから!

もう、うちにもピッタリでしょう!!

というわけで、我が家にこの絵をお迎えしました。



個展終了後、スタッフの日本人女性と、
リチャード本人が我が家にバスを乗り継いで来てくださり、
絵を直接かけてくれました。

↓そのときの様子がこちら。
 写っていませんが、私の息子もこのとき足元に。
 静かにじーっと様子を見ていましたよ(^^)

自宅に絵をかけてもらう

豊かな才能と感性を持つ彼。
ずっと絵で食べていきたい気持ちもありつつ、
その難しさもよくわかっていて、
悩みはつきないようです。

私にできることは、遠い日本から毎日この絵を眺めつつ、
今後の活躍を心の中で応援することぐらいですが、
今後も独特な作品を生み出し続けてほしいものです。



今日も紅茶片手に、くつろぎのひと時を・・・
 Have a nice cup of tea!

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村



子育てスタイルに参加中♪


スポンサーサイト

« 【幼稚園のお弁当】6月まとめ  | HOME |  文化センターは、スコーン実習♪ »

この記事へのコメント

こんな楽しみも

Eri様
「砂絵」や「押し花アート」がヒントでしょうか? 
もったいないけど素敵ですね。いい香りがしてきそうです。

Re: こんな楽しみも

Rooly様

コメントへのお返事が遅くなり、すみませんでした。

なぜ紅茶なのかと私も質問してみましたが、
「いつもそばにあるから」が答えだそうです。
身近なものを素材に使ったという、
至ってシンプルな理由。
でも、それって、なかなか思いつかないこと。
それがアーティストのアイデアということでしょうかね。
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://ginnome.blog34.fc2.com/tb.php/765-d169528b

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

銀の芽*Eri

Author:銀の芽*Eri
紅茶を飲んでほっと一息♪銀の芽紅茶店店主がつづる仕事の合間のひとときと、日々の覚書き。
2007年9月26日に長女を、ちょうど3年後の2010年9月26日に長男を出産!こんなこともあるのです。ドタバタの毎日ながら、紅茶のある心豊かな時間を大切にしたいと思うアラフォーです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。